エンジニアブーツの特徴、注意点、価格帯別の代表的メーカー


エンジニアブーツが今年流行のようです。
エンジニアブーツとは、主に労働者が着用する安全靴のことですが、
その機能的なデザインと頑強な造りの良さが
足元のファッションアイテムとしても人気を呼んでいるのです。
エンジニアブーツの特徴は、
作業者が足下のモノに紐を引っ掛けないよう靴紐が除外され、
替わりにベルトが甲からくるぶしあたりについていることです。
ベルトにはバックルが足の外側に配置され、
ベルト長を調整できるようになっています。
エンジニアブーツには、それ以外にも以下の特徴があります。
・つま先に鉄製ないしはプラスチック製のカップが内蔵されている。
(つま先の保護のため)
・筒部の最上部に小さなバックルつきのベルトがついている。
(ブーツインの際、適度にふくらはぎ部を締めることにより
 裾が出てくるのを防ぐため)
・トウはプレーンタイプ。
ブーツブームの最近では、エンジニアブーツは安全靴としてではなく、
ファッションアイテムの一部として取り入れられています。
ファッション感覚に溢れるエンジニアブーツの中には、
素材にヴィンテージ加工を施したものや、アッパーに起毛素材や
高級な皮革を用いてファッション性のみを追求した、
もはや安全靴の領域を超越したエンジニアブーツもあります。

 ⇒ ☆送料無料☆SLOW WEAR(スローウェアー) スエードエンジニアブーツ 【ベージュ】

 ⇒ SLOW WEAR レザーサイドシューレースエンジニアブーツ 改
また、エンジニアブーツはその安全性とファッション性から、
オートバイの運転時にライダーブーツの代わりに履かれる事もあります。
エンジニアブーツは、もともと作業用に作られたものなので、
必ずしも万能というわけではありません。
エンジニアブーツを履く際には次の事に注意しましょう。
・ソールが滑りやすい
 エンジニアブーツ専用のソール(ネオプレーンソールなど)は、
 耐油や耐磨耗には優れているが、滑りやすいため登山などには不向き。
・金属探知機などのセキュリティーに引っ掛る
 トウの金属製カップやバックルなどにより、
 空港などの金属探知機付きゲートを通過するとき、
 ほとんどと言っていいほど検査に引っかかります。
エンジニアブーツは、同じタイプのデザインの物が
様々な会社から発売されています。
それぞれのメーカー毎に材質やシルエットが異なり、
一口にエンジニアブーツと言っても非常に奥が深いのが
現在の人気の理由のひとつともいえそうです。
質のよいエンジニアブーツは数十年にもわたり
修復しながら履くことも出来るといわれていますので、
まさに一生物ということができます。
エンジニアブーツの価格帯別代表的メーカーは以下のとおりです。

【比較的安価】
・ゴリラ
 アメリカの靴メーカーでエンジニアブーツメーカーとしての
 歴史は長いです。
・ゲッタグリップ
 イギリスの靴メーカーで、ドクターマーチンの姉妹ブランドです。
・ホーキンス

【価格としては普通】
・レッドウィング(Red Wing)社
 日本においてエンジニアブーツといえば、
 ほぼ米国レッドウィング社製のエンジニアブーツ(RW-2268)を指す
 というくらいエンジニアブーツとしてメジャーな存在です。
 革の質が昔より落ちていると言われているが(但し価格も下がっている)
 それでも定番エンジニアブーツとしての地位は揺るぎません。
 トウが低くシャープなシルエットでヒールはアーチを描いています。
 光沢のある革。ブーツカットのジーンズによく合うデザインが人気。
 レッドウィングジャパン(株)の設立に伴い、
 ミドリインターナショナル(株)に 代わり、レッドウィングジャパン(株)
 が日本正規輸入代理店となりました。
 (尚、ミドリインターナショナル(株)は、
 安全衛生保護具等の製造販売を行うミドリ安全のグループ会社である。)

 ⇒ レッドウイング ショートエンジニアブーツ

 ⇒ RED WING RW-2972 Rough&Tough ENGINEERING BOOTS
・チペワ(CHIPPEWA)社(アメリカのメーカー)

【高価】
・安藤製靴(日本のメーカー)
・ロンウルフ(日本のメーカー)

【非常に高価】
・ウエスコ (WESCO)社
 ウエスコ社のエンジニアブーツ(BOSS)は国内定価86,800円と
 エンジニアブーツとしてはかなり高価ですが、その質の高さには定評があります。
 しかし本国定価399ドル(ただし靴に対する関税は50パーセント近くの場合もあり
 非常に高率)であり、以前は日本在住者でもアメリカ本社への直接注文が出来たが
 2006年7月より注文を受け付けなくなった。
 カスタムを施す事による国内価格は非常に高価であり、
 今現在安く購入するには個人輸入代行業者を使う方法があります。

 ⇒ 【ウエスコ】 "ウエスタンボス12"(ブラック)

あなたもお気に入りのエンジニアブーツを見つけて、
エンジニアブーツをワイルドにかっこ良く履きこなしてみては?

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。