ヒップホップスニーカーの定番SPXスニーカー


SPXは1980〜1990年代のスポーツブランドブームの影響により
アンダーグラウンドヒップホップスニーカーの地位を確立しました。
1980年代以降、スポーツブランドの広告販売戦略は、
NIKEがマイケル・ジョーダンや、カール・ルイスなど、
著名な黒人アスリートを広告塔として起用する一方で、
adidasは、Run DMCが、自分達のお気に入りのスニーカーに捧げる曲
「My adidas」などを発表することによりブレイクし、
ヒップホップ・シーンの広がりと共に
ファッションブランドとしての地位を確立していきました。
スニーカー人気の高まりとともにブームは過熱し、
多くのスニーカーファンが人気スポーツシューズを求めて
開店前からスポーツ用品店店頭に行列をつくるようになります。
そのような中で人気スニーカーの価格は高騰し、
多くの人気モデルにプレミア価格で取り引きされるようになるなど、
一般市民には到底手が出せない希少品となっていきました。
中にはスポーツシューズを狙った恐喝事件も起こるなど、
ブランドスニーカーブームは一層の加熱を見せていったのです。
そんな中、SPXのスニーカーはアンチブランドシューズ的位置づけで
NIKE、adidasを買えない庶民が手軽に履けるスニーカーとして登場し
その地位を確立していきます。

 ⇒ ★送料無料★SPX STREET LAX HI エスピーエックス スニーカー ストリート ラックス ハイ ホワイ...
SPXというブランド名の由来は、
「スポーツ・パフォーマンス・エクストリーム」からきており、
斬新なデザイン・機能性は当時の有名ブランドシューズとも遜色なく
全くひけをとらないスニーカーとして人気を博しました。
しかしSPXシューズの人気の高まりは、やがて商品の供給不足を招き
有名ブランドシューズと同様にSPX自体の価格が高騰してしまう
という、皮肉な現象を引き起こすことになります。
また、SPXシューズが入手困難となってしまった原因は、
スポーツシューズブランドとしての人気の高まり以外にも、
SPXというブランドの販売戦略にも理由がありました。
SPX本社としては、当初、日本を販売マーケットとして重視しておらず、
輸出を控えるなど販売戦略を縮小する傾向にあったのです。
その結果、日本でのSPXシューズ人気の高まりとともに、SPXスニーカーは、
アンダーグラウンドヒップホップスニーカーの地位を確立することになります。

 ⇒ SPX STREET SLAM HI エスピーエックス ストリート スラム ハイWHITE/GREY/GREEN/BLACK
80年代における、SPXスニーカーのポピュラーなモデルは、
ファットなフォルムとゴージャスなカラーリングが特徴の「Street Slam」で、
現在のコレクションの中心となっているのも、
この「Street Slam」です。

 ⇒ ★送料無料★SPX STREET SLAM HI エスピーエックス スニーカー ストリート スラム ハイ ブラック
また、ヨーロッパのマーケティングキャンペーン
「Put the beat beat on your feet(ビートを足元に)」と連動して、
靴箱のデザインは、80年代の大型ラジカセをベースにしています。
このような一見ジャンクでPOPなテイストもSPXの魅力であり、
今後もSPXスニーカーはヒップホップファッションの重要アイテムとして
その地位を不動のものとしていくことでしょう。

 ⇒ ★送料無料★SPX STREET SMASH HI エスピーエックス スニーカー ストリート スマッシュ ハイ ホ...

 ⇒ SPXのスニーカー!新品★SPX エスピーエックス★STREETBASE ストリートベース★ピンク 黒 27cm...

 ⇒ SPX(エスピーエックス)SPX-03C【新品】BROWN
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。