スポーツシューズのタウン履きはコンバース・オールスターが発祥


バスケットシューズで有名なコンバース(Converse)は、
1908年にアメリカで設立されたシューズメーカーです。
バスケットシューズのオールスターで有名なコンバースは、
スニーカーの代名詞、スニーカーの定番といってもいいほどですよね。
コンバース・オールスターは飽きの来ないシンプルなデザインで、
ジーンズやチノパンなど、どんなボトムにもフィットするので、
ファッション的な面でも根強い人気があります。

 ⇒ LIMITED EDITION 【送料無料!!】CONVERSEJACK STAR RETRO SU HIGOLD/BLACK
コンバースのスニーカーのラインナップは、
オールスター、ワンスター、ジャックパーセル、ウエポン、
ジャックスター、プロスター、スキッドグリップなどがあります。

 ⇒ コンバース100周年記念モデル!コンバース・ジャック・パーセル・フライト JKT・MID・ブラック
素材は、基本的にキャンバスとレザーになりますが、
これらのうち、ハイカットとローカットの2種類があるのは、
意外ですがオールスターとウェポンのみです。

 ⇒ 【送料無料】29cm ALL STAR GROWN-UP SHIN-HIコンバース 品番:1B336【大きいサイズ・メンズ】
コンバースの原点はアメリカのメーカーらしく機能性という事ですが、
斬新なデザインにも富んでいて、コンバースの特徴にもなっています。
コンバースはスポーツシューズメーカーとして、
オールスターで有名なバスケットシューズはもちろんの事、
テニスシューズ、ランニングシューズといった、
それぞれのスポーツの専門分野でも活躍することになります。

 ⇒ CONVERSE PRO-LEATHER コンバース プロレザー 76 HI
そして、スポーツという専門分野にとどまらなくなり、
1970年代は、コンバースのオールスターといえば高級品で、
バスケット選手のバスケットシューズという感覚でしたが、
1980年代になると、日本でも一般の人々が、
コンバースのシューズをファッション感覚で履くようになりました。

 ⇒ 【日本未発売モデル】CONVERSE ALL STAR CT SABBATH HU BLACK SABBATH PARCH/BLACK コンバース オールスター HI ブラック サバス スニーカー
これは、他メーカーのスポーツのシューズには、
考えられなかった斬新な出来事だったのです。
それまでは、スポーツシューズを普段のタウン履きとして使用する
ということはありませんでした。
バスケットシューズはあくまでもバスケットを行う時の靴であり、
野球やサッカーのスパイクと同様の扱いだったのです。
スポーツシューズをスニーカーとしてタウン履きにする、
という今では当たり前のファッションの発祥は、
実はコンバースのオールスターだったんですね。

 ⇒ CONVERSE「ALL STAR PATENT LEATHER」のアップデートモデル コンバース【オールスターシックハイ】エナメル白メダリオンConverse1B347
コンバースのオールスターが持つその機能性と、
どのようなファッションにも合わせ易いシンプルなデザインが
多くの人々に愛用されるようになり、子供向けの商品も開発されました。

 ⇒ CONVERSE CHILD ALL STAR EYE-POP Z HI NAVY コンバース チャイルド オールスター アイポップ Z HI
まさに子供から大人まで年齢性別を問わずといった具合で、
コンバースのシューズは生活スタイルになじんでいったのです。
また、それ以外の点でコンバースが人々を魅了した理由は、
何といってもカラーバリエーションの豊富さです。
このようにコンバースは、機能性、デザインなどの点において
多種多様な魅力を備えているのです。
これからもカジュアルシューズ永遠の定番アイテムとして
コンバースのスニーカーはその価値を発揮し続けることでしょう。

 ⇒ 【コンバース】 オールスター ロー 紺 海外仕様 (CONVERSE 9697 ALL STAR OX(LOW))

 ⇒ 定番オールスターがお買い得!★正規品★CONVERSE【ALL STAR HI 】M9622-NAVY

 ⇒ 【コンバース オールスター B HI】 【SALE】色 : ワインレッド

 ⇒ コンバース:オールスターOX【CONVERSE ALL STAR OX】

 ⇒ converse one star コンバース ワンスター グリーム OXコンバースのお洒落なレザースニーカー

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。